保育園

保育園の臨時休園について 

緊急事態宣言をうけて、5月6日(水曜日・祝日)まで文京区立、私立ともに、原則として臨時休園することが決定しています。(4月16日現在)

今後の予定は、新型コロナ感染拡大状況を見て判断することになりますので、
最新情報は、文京区のWEBサイトや、園からの連絡をお待ちください。

文京区保育園の新型コロナウイルスに関する対応を知るには?

新型コロナウイルス感染症に伴う保育施設の運営等について

文京区保育施設の臨時休園に対しての取り組み

緊急特別保育

どうしても保育を必要とするご家庭については、業種等を限らず各園で「臨時特別保育」を実施します。各家庭事情がそれぞれある中、原則臨時休園とした趣旨を踏まえて、極力登園を控えていただけるとありがたいです。

幼児保育課長からのメッセージ

臨時特別保育とした趣旨について、文京区の幼児保育課長から強い思いのこもったメッセージが出ています。
ぜひ、趣旨をご理解の上、一緒に新型コロナウイルスを乗り越えましょう。

区が目指しているのは、感染症をこれ以上拡大させないため、保育園を必要とする方がいない ときは園を閉じ、園に関わるすべての方が、この期間に人と会うことがなく「家にいること」で、 子どもたちをはじめ、保護者の皆さまや園の職員の命と健康が守られることです。 しかしながら、子どもが家で一人になってしまうなど、保育園がなければ感染症対策以上に子 どもの健康や安全が保たれない状況は回避しなければなりません。そのため、平常時の保育園は 休園とするものの、どうしても保育が必要である特別な事情のある方について「緊急特別保育」と してお子さまをお預かりすることとしています。 緊急特別保育は、この緊急事態宣言下においてお子さまを安全にお預かりするために必要最小 限の人員で行うもので、平常時の保育とは異なります。緊急特別保育においても感染症対策を行い、 集団形成の縮小には努めますが、家にいることに比べて感染リスクが高いこと、そして感染者が 出た場合には、お子さまや保護者の皆さま、そして保育士も含め、園に関わるすべての方に様々な 負担が生じることはお含みおきください。 一方で、この緊急事態下においては、保護者の皆さまの置かれている状況やお勤め先の考え方、 対応の必要性は様々だと思います。上述したような状況を踏まえ、保護者の皆さまには「緊急特別 保育」の必要性をご判断いただき、保育園ではそういったご事情をしっかりと受け止め、必要な方 には適切に保育を提供してまいります。園と保護者の皆さまと私どもが一丸となって、ご家庭と園 でお子さまの健康と安全に最大限必要な対応を取りながら、新型コロナウイルス感染症を封じ込 め、現状を乗り切ってまいりたいと切に願っております。

緊急事態措置等に伴う「緊急特別保育」の考え方について(PDFファイル; 1019KB)

緊急事態宣言後の保育所の対応についてのメッセージ

東京都知事より

緊急事態宣言後の保育所及び学童クラブ等の対応について

文京区長より

保護者の勤務先企業、事業者の皆さまへ