文京区新型コロナ報道発表

#文京区 、子ども宅食プロジェクト「新型コロナウイルス感染症対策;第3弾」

  • LINEで送る

感染対策長期化を踏まえて、次の取組を実施します!

子どもの貧困対策の一環として「子ども宅食プロジェクト」に取り組んでいる文京区では、長引く新型コロナウイルス感染症の影響を鑑み、子どもの食の確保策として「夏休み8月増量便」をお届けするとともに、利用対象者を拡大して、家計が急変したひとり親家庭にも配送を開始します。 

【子ども宅食プロジェクト】

生活困窮世帯の子どもに食品を定期的に配送し必要な支援に繋げるもので、文京区が実施しています。ふるさと納税による寄附を原資に、返礼品は用意せず、全額を事業運営に供するもの(今回は、国及び都の補助制度を活用)で、自治体・NPO等がコンソーシアムを形成して事業展開をしています。現在、定期便は、企業等からの食品等の提供を受け偶数月に配送しており、約630世帯の方がご利用しています。

※今回の支援は、第1弾(本年3月の臨時便配送)、第2弾(本年5月の緊急支援;おこめ券とQUOカード配付)に続く、第3弾となります。

【夏休み8月増量便】

長引く新型コロナウイルス感染症の影響を受け、通常の定期便より内容量を増やすため、食品を追加購入し、「夏休み8月増量便」をお届けします。

  • 配送:令和2年8月中旬
  • 配送内容:通常の定期便に追加購入分を合わせて配送 
【家計が急変したひとり親世家庭への利用対象の拡大】

新型コロナウイルス感染症対策の影響を受け家計が急変するなど、改めて厳しい状況に置かれたひとり親家庭に対しては、支援が届きにくい現状があります。本事業の対象は、(1)児童扶養手当受給者、(2)就学援助受給者、(3)高校生世代までの子どもがいる生活保護受給世帯ですが、このような厳しい状況下にあるひとり親家庭を対象に含めることで、定期配送を通じて見守り、必要な支援につないでいきます。

  • 対象:児童扶養手当を受給していないが、ひとり親世帯臨時特別給付金(基本給付)の支給が決定した方
  • 申請受付:ひとり親世帯臨時特別給付金(基本給付)決定(9月)後、順次受付

文京区経済課

  • LINEで送る